帯画像

株式会社ウエシマコーヒーフーズ
株式会社ウエシマコーヒーフーズ

神戸は1868年の神戸港開港以来、異国情緒あふれるエレガントな街並みや海からの潮の香りが多くの人を魅了してきました。
そんな素敵な街にウエシマコーヒーフーズは1925年に創業し、今でもコーヒーの老舗として珈琲通のための本格派コーヒーを神戸より全国、そしてアジアへお届けしています。
「コーヒー本来の豊かな香りと深い味わいを楽しんでいただく。」その想いは当初から90周年を迎えた今も変わることなく受け継がれています。
魅力あるコーヒーをお届けするために私たちの挑戦は続きます。

石釜焙煎スペシャリスト 上山

石釜焙煎スペシャリスト 上山

輝芒の石釜
(きぼうのいしがま)
「輝芒」(造語)=「芒」は稲や麦などのイネ科の穂先にある針状の突起の事ですが、「光芒」(光の筋)などの「尾」「残像」に類する表現にも用いられます。そこで石釜焙煎珈琲の特徴である「後味がすっきりとしている」を表す造語として、いわゆる「後味が輝く(優れている)」を表現しました。当社が業界に誇る焙煎方式=石釜焙煎は当社の「希望」であり、珈琲の焙煎の未来を切り開く希望という期待も込めています。

熱風焙煎スペシャリスト 中尾

熱風焙煎スペシャリスト 中尾

趣極の熱風
(しゅぎょくのねっぷう)
「趣極」(造語)=本来の熱風焙煎の特徴として「焙煎の自由度が高い」ということが挙げられます。当社のゴッドホットではそうはいきませんが、一般的な熱風焙煎ということにして、焙煎の風味(趣き)を極められるを意味しました。また読み方の「しゅぎょく」は暗に珠玉を意図しております。

炭火焙煎スペシャリスト 養畑

炭火焙煎スペシャリスト 養畑

熾香の炭火
(しこうのすみび)
「熾香」(造語)=「熾」は炭が“いこる”という意味。炭火焙煎の特徴である「香ばしさ」を「いこる香り」として表現しています。また、「しこう」という読み方には「至高」の意味合いも盛り込んでおり、土佐備長炭を使用し当社が誇る焙煎士の手による「至高」の逸品であることを表現しました。

ブランド店舗紹介

株式会社ウエシマコーヒーフーズ

兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目4-9 ウエシマ本社ビル
TEL:078-331-3971
オフィシャルサイト