【食べ比べ企画第2弾】マドレーヌ 前編

みなさま、こんにちは。

本日は食べ比べ企画第2弾、マドレーヌです。

 

みなさまはマドレーヌと聞くとどのような形のものを思い浮かべますか?

そうなのです!!

丸いものや、貝の形をしたものと、複数の種類がありますよね?

今回は、形別に食べ比べをしてみました。

 

❶マドレーヌの形状

マドレーヌの形状は大きく分けて、下記の3種類があります。

Aの菊型(丸型)は、日本独自の形という説もあります。

マドレーヌが伝わった頃、日本にはシェルの型がなかったため、和菓子の木型をもとに作成されたそうですよ。

B.Cのシェル型はホタテの貝殻をもとに作られたという説が有力のようです。

 

皆さんがよく召し上がっている形はどの種類ですか?

マドレーヌは身近な食べ物すぎて、じっくり着目をすることはなかったかもしれませんね。

 

さて!!形によって食感・風味・味わいが変わるのでしょうか?

食べ比べてみました♪

 

❷食べ比べ ※以下敬称略

Ⅰ.菊型(丸型)

1.【ボックサン】ロングセラー・イン・神戸

サイズ(直径×厚み)10㎝×2㎝

(コメント)

バターの香りが豊かな、王道なマドレーヌです。

 

2.【ツアクローネ】シェフの思い出マドレーヌ

サイズ(直径×厚み)10㎝×2㎝

(コメント)

洋酒の香りが強く、大人な味わいです。

 

3.【みかげ山手ロール】御影スタイルマドレーヌ

サイズ(直径×厚み)8㎝×3.5㎝

(コメント)

はちみつの甘い香りが特徴。今回は栗入りを頂き、甘さ控えめでしっとりした食感でした。

 

 

-丸型まとめ-

丸型マドレーヌも厚みが薄いので、ふわっとやわらかに焼き上げているところが特徴だと気付きました。

こぼれないように気を付けながら頬張るのも、美味しいには欠かせないエッセンスかも!?

お酒好きスタッフにはツアクローネさんのマドレーヌが人気でした。

 

後編は、舟形マドレーヌの食べ比べます!お楽しみに♪

 

つづく